オルロ吉祥寺 : ニットウェアブランド「cleaveland」ヘッドショップ 吉祥寺の喧騒を離れた街の端(orlo)  時代を感じる スタイルを提案いたします。

orlo


特別な食卓もOrloで演出

こんにちは。
今日はオープン直後はあいにくの雨模様でしたが、その後の晴れ間には秋らしく気温も落ち着き、お散歩がてら沢山の方がOrloにお立ち寄りくださっています。
皆様、いつもありがとうございます。

本日は、我が家の特別な日の食卓に彩を添えてくれたOrloの取扱商品を、簡単なレシピと共にご紹介させていただきたいと思います。

まずはこちらのサラダから。

ドレッシングにanfosso アンフォッソ ワインビネガーを使用しています。

ドレッシング(140mlくらい)

〇材料
anfosso アンフォッソ ワインビネガー・・・1/4カップ
・エキストラバージンオリーブオイル・・・1/2カップ
・砂糖、カシスマスタード、赤ワイン・・・小さじ2ずつ
・塩、こしょう・・・少々
・玉ねぎみじん切り・・・大さじ3

〇作り方
1.ボウルに砂糖、塩、こしょう、カシスマスタード、ワインビネガーを入れ、泡立て器で砂糖を溶かすようにすり混ぜる。
2.オリーブオイルを少しずつ加えながら混ぜていき、玉ねぎ、赤ワインも加えて混ぜて出来上がり。

このドレッシングを、ショートパスタやお好みの野菜に混ぜたりかけたりすれば、彩りも鮮やかなサラダの完成です。

続いてはメインディッシュのスペアリブ煮込み。

深みのある味わいのソースを絡めたスペアリブ煮込みにはanfosso アンフォッソ ワインビネガーla fattoria del borgo ラファットリアデルボルゴ レモンのマーマレードを使用しております。

塩麹スペアリブのバーベキュー風煮込み

〇材料
・スペアリブ・・・600g
・塩麹・・・60g
・じゃがいもやゆで卵、好みの野菜など
【ソース】
・赤ワイン・・・大さじ3
・トマトケチャップ、マーマレード・・・大さじ2ずつ
ワインビネガー、ウスターソース、はちみつ・・・大さじ1ずつ
・しょうゆ・・・小さじ2
・にんにくすりおろし・・・1かけ分
・こしょう・・・少々

〇作り方
1.スペアリブは前日から塩麹に漬け込む。
2.煮込む1時間程度前くらいに冷蔵庫から出して【ソース】の材料を全て加えて揉み込んで置いておく。
3、ソースごと鍋に入れ、お肉に火が通るくらいまで煮たら、好みの野菜等も加え汁気がなくなるまで煮込んで完成。

全てジップ付きのビニール袋の中で混ぜ、圧力鍋がある方はそれを使ってしまえばあっという間に出来てしまいます。

こうして完成した食卓がこちら。

実は奥に写っておりますキャンドルまで、Orloで揃えて頂くことが可能です。

今回ご紹介した料理は、以前ご紹介した簡単なサラダと比べると少々時間はかかりますが、あえて特別な日ではなくとも、秋の夜長を美味しいお食事とともにゆったりと過ごされたい方の参考になれば、と思い載せさせて頂きました。

よければお試しになってみて下さいね。

特別な日もそうでない日も、Orlo吉祥寺にて取り揃えている食材や雑貨で、皆様の暮らしを上質に彩るお手伝いができれば、幸いでございます。

濱田

Write a Comment