オルロ吉祥寺 : 吉祥寺の喧騒を離れた街の端(orlo)  街中では手に入らない 上質で時代を感じる 大人のスタイルを提案いたします。インポート雑貨 メンズ/レディースウェア

orlo


歴史と伝統と

こんにちは。
暑い日が続いておりますが、夏バテなどされずにお過ごしですか。

今週は、花火大会などの夏らしい催しが目白押しな上、オリンピックも始まり、気候だけでなく日本中が熱気に溢れているようですね。

また、お店の目の前にある井の頭通りを通る車や歩行者の中には、夏休みを迎えたお子様を連れたご家族がちらほら。
楽しそうな様子にこちらまでわくわくしてしまいます。

Orloにも先刻、これからお出かけなさるところだというお客様がいらっしゃいました。
度々ご来店して下さるご夫妻は、お二人揃って好きだという日本の伝統舞踊の普及と指導の為に、日本各地、はたまた海外にまでも積極的に赴かれるという、バイタリティに溢れる方々です。

また、私もよく存じ上げるご子息に対する無償の愛が、こちらまで伝わってくる、とても優しくて素敵なご両親でもあります。

そんなお二人は、よく、贈答品を選ぶ場としてOrloをご利用して下さいます。
先週のブログにも書いたように、店内にはプレゼントにぴったりな物が揃っています。

本日はプレゼント用にと、いくつかの商品をお選び頂いた後、旦那様がご自宅用にRENZETTI レンツェッティのボールペンを選んでくださいました。

RENZETTI レンツェッティ ボールペン マネージャー シルバー

RENZETTI レンツェッティのボールペンには貴金属の表面に、高速で回る合金製の特殊なたがねを用いて、繊細な彫線でダイヤ紋様や、波状の模様を描いていく「ギヨシェ彫刻」と呼ばれるヨーロッパに古くから伝わる彫刻技術が施されています。
そして、RENZETTIを創り出すリッカルド・レンツェッティは、ギヨシェ彫刻の技術を受け継ぐ最後のアーティストとして知られており、 数々のビッグメゾンの装飾品細工の下請けも広く手掛けているのです。

構造に至るまでの氏のデザインをもとにトスカーナのペン工房が限定でつくりあげる本体の表面に、1800年代から伝わる機械を用いてのギヨシェ彫刻から七宝、エナメルがけなど彩色仕上げに至るまで一点一点、すべて手作業でほどこした、まさに イタリアのクラフトマンシップの粋とも呼べる傑作の数々。

国こそ違えど、日本の伝統文化を大切に想うご夫妻に選んで頂けるのも納得の品です。

メモ用のショートタイプにも、繊細なその技術は光っています。

RENZETTI レンツェッティ ボールペン シルバーメモ ボルドー

普段は伝統や歴史を意識しない方でも、ちょうどこの時期は夏祭りや花火など日本の伝統に触れることの多くなる時期。
せっかくの機会ですので、是非ここ吉祥寺の端Orloにて、国境を越えた歴史と上質も感じてみては如何でしょうか。

暑さに疲れた身体を癒す冷た~いお茶をご用意して、お待ちしております。

濱田

Write a Comment