オルロ吉祥寺 : 吉祥寺の喧騒を離れた街の端(orlo)  街中では手に入らない 上質で時代を感じる 大人のスタイルを提案いたします。インポート雑貨 メンズ/レディースウェア

orlo


催涙雨が降る夜に

こんにちは。
本日は雨の七夕となりました。

日本における七夕では織姫と彦星が年に一回天の川を渡って会うことが許されている日だと言い伝えられていますよね。
だから、この日に降る雨は催涙雨といって、織姫と彦星が会えずに泣いている涙だとも言われているそうです。
そう考えるとなんだか雨もロマンチック、早くお互いが泣き止んで、無事に1年ぶりの再会を果たせると良いですね~。

ここOrloの店頭にいると、全面ガラス張りで一日中開放している入り口と窓から、昼から晩までのゆったりとした時間の流れや気温の変化を肌で感じることが出来て、お店丸ごととても自然に近いなぁと感じます。

今日はそんなOrloで取り扱っている商品の中でも、自然に存在する材料のみを存分に生かしたCODINAというブランドの商品をご紹介させて頂きたいと思います。

CODINAはフランスで生まれた100%ピュアオーガニックスキンケアブランド。
創始者のMichel POBEDA(ミシェル・ポベダ)がフランスにケミカルな素材を一切使わない石けんがほとんどないことを大変残念に感じ、自身の長年の経験を生かし、理想の製品を作ったことが始まりだそうです。

多くの化粧品の製造が工業化され、工場で大量生産されている中で、コディナでは原材料の品質を優先するため、伝統的に受け継がれた製法を尊重し、のどかな街の小さな工房で、一つひとつ丁寧に生産しています。
だから、大量生産されている商品とは全く異なります。
余分なものは全く入っていない代わりに、製造途中で取り除かれてしまうような、天然の保湿剤であるグリセリンもたっぷり残っているのです。

また、なかでも一番こだわりを持っているのはシアバター。
様々なブランドがその高い保湿効果などに着目していて、シアバターを使った製品を販売しているのでご存知の方も多いかもしれません。
驚くほどしっとりうるおう使用感に加え、日焼け止め効果まであり、子供から大人まで全身に安心してお使い頂けるこのシアバター、

コディナでは全製品に贅沢に配合しているのです。

このシアバターの用途や、効能を語るだけでもかなりの長文になってしまいますので、今日はそんなコディナの商品の中から選りすぐりの一点を。

codina コディナ マッサージキャンドル リフレッシュ 125g

「スキンケアブランドの紹介のはずなのにキャンドル?」

と思ってくださった方、ありがとうございます!

点っている暖かい火を眺めているだけでもリラックス効果のあるキャンドル、こちらは、それで終わりではありません。

なんと、溶けたロウがマッサージクリームとして使用して頂けるのです♪

先述したように、コディナの全製品にはシアバターが含まれています。
実はシアバターは、寒さで硬くなってしまいやすいという天然成分ならではの唯一のデメリットが・・・。
そうなると、スパチュラなんかで削ってから体温でじっくり溶かすのも一つの手ですが、キャンドルとして火を点して溶かせば、その手間は皆無。

それに加え、こちらのキャンドルには通常のキャンドルに配合されているパラフィンの代わりに、蜜蝋(ミツロウ)やアンズ核油をはじめとした植物油が配合されています。
蜜蝋はミツバチの巣を構成する蝋を精製したもので、こちらも保湿力が高く、シアバターととても相性が良いとさせる成分です。

成分表記を見てみると・・・
シア脂、アンズ核油、ミツロウ、ユーカリ葉油、セイヨウハッカ油、イタリアイトスギ油、セイロンニッケイ葉油 、チョウジ葉油、ニクズク核油、セイロンニッケイ樹皮油、ローズマリー葉油、メラレウカビリジフロラ葉油、メボウキ油、ショウガ根油、ウインターセボリー油、チョウジつぼみ油

アンズ核油もしっとり系のキャリアオイルです。
それに生姜やミント、バジルシードのオイルなどが入っていて、ちょっとスパイシーな香りが正にリフレッシュしたいときに最適!

ボディマッサージクリームとしての成分も良好な上、香りも見た目も楽しめるなんて言う事なし。
それに、きちんと蓋つきのお洒落な瓶に入っているので、持ち運びにも便利!

実は私自身、肌が弱く日々シンプルなスキンケアを心がけているのでシアバターは以前から愛用している上に、キャンドル大好き。
なので、これ、私と同じようになかなか肌に合う化粧品がない~という方にも良いですよ。

なにより、ここまでこだわりを持っていて、様々な効能があるのにお手頃な価格も魅力的。
日本中でCODINAの取扱店さんが増えていらっしゃるのも納得です。

でも、もしブログを読んでくださった方がコディナの商品に興味を持ってくださったら、日本初(!)の取扱店である、ここ吉祥寺の端Orloに見に来て下さると・・・嬉しいなぁw

というわけで、今日も長々とした文章にお付き合い頂きありがとうございました。
明日も皆様にお会いできることを心待ちにしております。

濱田

Write a Comment