オルロ吉祥寺 : ニットウェアブランド「cleaveland」ヘッドショップ 吉祥寺の喧騒を離れた街の端(orlo)  時代を感じる スタイルを提案いたします。

orlo


気が滅入りがちな時こそお洒落を

こんにちは。濱田です。
今日は一日中雨が降り続くそうで、昨日の暑さが嘘のように空気もひんやりとしています。

暑かったり、寒かったり、はたまた湿気が多くてじめっとしたり、何かと天候が左右されやすいこんな時期には、お洋服も迷いがちですよね・・・。
そんな今日は、前々回のブログに書きましたトップスのご紹介をさせて頂こうと思います。

cleaveland クリーブランド Uネックニット (ユニセックス)

こちらのUネックニットはヨーロッパの60’sのカットソーをデザインベースにしており、スーピマコットン100%の糸を用いて、全工程を一人の職人の手により作られております。
当店でのみのお取扱であり、完全限定生産という希少価値の高いお品です。

一見すると極めてシンプルなニットですが、実はデザイン性もとても高いのです。

このように裾にはアシンメトリーのリブ、袖口には長めのリブが施してあることにより、ゆったりと着ることができるにも関わらず、腕周りと腰周りをきゅっと引き締めてくれます。

素材には肌触りがよく滑らかなスーピマコットンを用いることで、素肌に当てても刺激がなく年間を通して着ることができます。
また、吸湿性が高く、汗をかくことが多くなるこれからの時期にもさらりと着用でき、自宅で簡単にお洗濯が出来るというのも嬉しいポイント。

サイズは、イメージカットにて身長約170cmのモデルが着用しているFサイズ(着丈70cm、胸囲92cm、肩幅41cm、袖丈41cm)と、Sサイズ(着丈66cm、胸囲80cm、肩幅36cm、袖丈36cm)の2サイズでの展開となります。

カラーも、生成りに近く優しい印象のパールグレーと、コーディネートがぐっと引き締まるブラックの2色展開で、どちらもとても使いやすい色味。

ニットを主役にシンプルにまとめるか、はたまた色柄物や小物で遊んでみても、他のアイテムを引き立たせてくれるので、着こなしの幅を広げて頂けるのではないでしょうか。

今回、身長156cmの私はパールグレーのSサイズを着用してみました。

膨張しがちで普段は敬遠することも多いライトカラーなのに、すっきり着ることができるのは、絶妙な首もとの開きと、女性が気になることの多いウエストと腰周り、二の腕までさりげなくカバーしてくれるから。
ちなみに私の身長ですと、Fサイズはミニ丈のワンピースのように着ることができました。

ご購入くださった男性からも女性からも共にご好評を頂いているこちらのニット、完全限定生産で残りの枚数も少なくなっております。
年中通して活躍してくれること間違いなしのアイテムをワードローブに加えたいと思われている方がいらっしゃいましたら、早めにお手にとって頂いた方がよろしいかもしれません。

たくさんの方がOrloのアイテムでお洒落を楽しんで、鬱陶しいと思いがちな雨にも負けない気持ちになって頂けると幸いです。
激しい気温差で体調を崩されませんよう、くれぐれも身体にはお気をつけくださいね。

濱田

Write a Comment